分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


建売住宅の仲介(媒介)手数料


一戸建ての建売り分譲住宅の購入で
仲介業者(不動産屋)を介すると
仲介手数料が必要です。

建て売りの一戸建て住宅を購入するときに、住宅情報雑誌などの物件情報をみると、「仲介」「売主」「専任」「専属専任」などの表記があります。

ここでは、「仲介」物件について説明します。
仲介物件には仲介手数料が発生します。

これは、建売りの建築業者が、複数の不動産業者に売却を依頼する場合の契約です。

売却の窓口が広がって売りやすくなるために、一般の建売り住宅業者は、自ら建売り住宅を販売しながら、同時に不動産業者に物件の情報を流して販売促進をかけます。

住宅を購入する側からみると、建売り業者=売主との直接契約を結ぶと、仲介手数料が発生しません。
一度、仲介業者に物件の案内をしてもらった後に、売主(建売り業者)をネットや広告で調べて、直接商談に入ることで仲介料の節約になります。

仲介手数料の金額は、実は宅建業法で定められていて上限の目安として、400万円を超える物件は売買金額の3%+6万円(消費税別途)とされています。
3,000万円の物件であれば、96万円と消費税が必要になります。

この手数料を無駄と感じるか必要経費として考えるかは、物件を見る前に決めておくといいでしょう。

・建売り住宅の売主が遠くにある業者で、何度も行くのが大変。
・ローンの手続きや登記の手配も業者に頼む。

などの条件で、建売り住宅を購入する場合は、仲介業者を利用するのもひとつの方法です。

手数料を安くする交渉をしたり、物件の100万円単位の値引き交渉ができるのであれば、仲介業者に全てやってもらったほうが、はるかに楽です。

住宅購入は、思いのほか気苦労や体力を使う作業ですので、あなたの価値判断で仲介する不動産屋さんを選びましょう。
肝心なのは、不動産屋さんの信用と、動きの良い担当者が付いてくれることですので、気に入らなければ業者を変えるほうが良い場合もあります。

正し、さんざん仲介業者を利用して最後に「売主」である建売り業者に契約を申し込むと、トラブルになります。

仲介業者は商談がある程度進むと、売主にあなたの情報を出しながら建築図面を取り寄せたりしますので、売主はあなたの存在を知ることになります。

ある程度、仲介業者との商談が進んでいたあなたが、直接売主を訪れて同じ物件を契約しようと思ってもストップがかかります。

そうしないと、仲介業者と売主の関係が崩れてその後の取引に影響を及ぼすからです。

トラブルになると、せっかく気に入った物件があっても購入できなくなるので、十分に注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。