分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


住宅の間取りプランチェック


一戸建て住宅間取りプラン
チェックは
どのような事柄に注意して建売り物件を選ぶか?

住宅の間取りプランをチェックしてみましょう。

動線
住宅内での人の生活は、動きが伴います。
普段の生活で不便に感じている要素が、新しい住宅に含まれていないかをチェックします。

例えば、ご飯をつくって食卓テーブルまで運ぶ距離と流れ。
洗濯をして、干すまでの流れなど。

収納量
住宅の収納は一般的に不足しがちです。
部屋が広く取られているプランでも収納が足りず、タンスなどを入れる必要が出てくることがあります。当然、そのぶん部屋は狭くなります。収納スペースを充分とってある間取りプランをおすすめします。

トイレの数と位置
家族の生活パターンや人数によって、トイレの数が1ヶ所だけの間取りプランは、非常に不便です。
同じ時間帯にトイレラッシュという現象も起きます。
出来れば、トイレは2ヶ所が理想です。

また、トイレが居室に隣接しているプランや、2階のトイレが1階寝室の上に無いものを選びましょう。

トイレを使用するときに音が聞こえて、夜中に目が覚めてしまうなどの弊害が生じます。

居室とトイレの間に、押入れなどの空間があると安心です。

子供部屋の出入り口
子供が外出先から帰った時に、リビングを経由しないと部屋に入れないような設計は、子供の生活管理に役立ちます。

隣接住宅との関係
トイレや、寝室、リビングなどの窓の位置に気をつけましょう。
建売り分譲住宅を見るときは、自分の実際の生活を想定して、間取りプラン、窓の位置を意識して、住んで生活したときに不快な思いをしないですむ、一戸建て住宅を選びましょう。
 

住宅の間取りプランのたてかた


建売住宅分譲住宅でも
建築条件付の土地を購入した場合には
家全体の間取りや設計プランを立てなければいけません。

住宅新築の間取り・プランの作成や提案は、住宅メーカーによって無料で行われる場合が多いですが、中には有料の業者があります。

住宅プランの打合わせは、営業担当者が行う場合と設計担当者が行うケースがあり、住宅メーカーや建築業者によって違います。
メーカーや住宅建築業者のそれぞれの工法の特徴が、プランの自由度に大きく影響します。

どういうことが可能でどういうことが不可能かを確認します。
また、工法による違いなどで、可能な間取りや不可能な設計プラン、工事に余計な手間が発生するプランニングなどがありますので、それを見極めることです。

プランの作成段階では、プランの完成度だけに目を奪われがちですが、工法、仕様のバランスも有りますので、住宅建築業者の得意なパターンにあわせて総合的に検討し、そのハウスメーカーとあなたの希望するプランの相性を確認することが重要です。

住宅購入者が建築メーカーに全く同じ希望を伝えても、「A社では柱無しで大きなリビングが作れるが、B社では部屋の空間のどこかに柱が必要」などの違いが生じます。

住宅建築会社とのプラン打ち合わせ期間は、単に間取りを決めるだけではなく、各住宅メーカーの特徴を把握、理解する期間と考えておきましょう。

こだわりたい要望や希望があれば、間取りや全体の設計以外でも、仕様や設備などの希望も伝えましょう。この場合メーカーによっては、標準以外の仕様は極端に割高となる場合があるので注意が必要です。

建売り住宅のフリープラン・間取り変更


建売り分譲住宅でのフリープランや
希望の間取り・プラン変更・設備について。

建売り物件の着工前の契約であれば、設備の変更やプラン・間取りの変更が可能であるのが一般です。

基本的には分譲住宅建売住宅では、基本的に建売り住宅メーカーが決めた家の間取りや設備が、完成物件として販売されます。

分譲の建売り住宅は、建築基準法のギリギリのところまで建物を大きくしていますので、住宅の外枠は変更しないで内部を替えるというのが一般的です。

一般に建売住住宅は、自由がきかないといわれますが、そのような不満を解消するために、購入者に対してプランや間取り・設備変更の自由度を売りにしている業者もあります。

設備の変更は、キッチンセットやユニットバスなどの変更など、他にも細かいところまでのプランや設備変更が考えられます。

間取プランの変更に関しては、建物全体の構造計算が変わることがあり、大きな追加変更金額が発生します。

設備の変更、窓を増やしたり仕切りや物入れなどを作ることも増額につながるのが普通です。

必要なものであれば、追加金額を投入することで変更は可能です。

また、完成後の変更についてはリフォームと同じ扱いで、購入前に変更するよりも費用が高くなるのは当たり前のことといえるでしょう。

分譲住宅・建売り住宅の購入は、希望の物件が完成する前に契約したか、完成後に契約したかで大きな違いがあります。

完成前の購入は、プランや設備の変更がしやすいという利点がある代わりに完成後の形が見えません。

完成後の建売り物件は現物を見る事ができるので、足りないものを加えたときに、更にどのくらいの費用が必要になるかがわかりやすいのが利点です。

完成後の建売り住宅は、値引きの対象になりやすいのも利点です。

ただ、建売り住宅は早い者勝ちの物件ですので、ほしいと判断した時点で購入するかしないかの判断が必要になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。