分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


土地探し・土地購入時の基本知識


分譲建売住宅や、建築条件付土地を購入するときに
土地の部分でで注意すべき点があります。

土地を買うときに注意すべき点は以下の通りです。

不動産物件で土地購入時のチェック事項。

・道路の幅員
購入する土地に接している道路の幅員が4m以上あること。
4m未満の道路に接する土地の場合は、「セットバック」といって、現況の道路の中心から2mの位置までは、新たに建物などを建てることができません。新たに建物を建てるときに、現況道路の中心から2mの位置まで土地が削られて道路として利用されることになります。(例外あり)

・道路の種類
国道、都道府県道、市町村道、私道の4つに分類できます。
この中で私道は大きく分けると、位置指定道路、2項道路、その他の私道の3つです。(実際にはもっと複雑に分類されます)
位置指定道路4m以上の幅員を有しています。
2項道路は4m未満の幅員で、建て替えの際にセットバックしなければいけません。(例外あり)
この他に道路ではなく「通路」もあります。道路として認められていないので、通路にしか接していない土地には建て替えもできません。
これらの道路の種類は、役所の建築指導課で確認できます。また不動産会社に聞いても教えてくれます。

・接道の長さ
接道の長さは、土地の間口です。その土地が道路に何メートル接しているかということです。
間口が広い方が建物のプランも選択の幅が広がり、希望の間取りの住宅が建てやすくなります。

・道路との高低差
極端に道路と土地の高低差があると、土砂崩れを防止するための工事費や、外構工事(駐車スペース、庭、アプローチなど)で高額な費用が発生します。理想は土地が道路よりも50cm位高い土地。余計な工事費も必要なく、大雨の時など宅地内に浸水する心配も要りません。

・その他
生活環境、利便性、交通量、電柱の有無、日照などのチェックも必要です。

不動産物件で土地を選んで購入する場合は、このようなことに注意して土地を探すことが大事です。
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。