分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


新築住宅の住宅性能表示


新築住宅性能表示制度を使って建設された住宅であれば
同一基準で比較判断が可能です。

住宅メーカーによる性能表示は、そのメーカーの独自基準によるので他のメーカーの住宅と比較することが難しいのですが、同じ基準で比較できる住宅性能表示制度は、住宅の購入者にとって役に立つ制度といえます。

等級でランク付けしたり、濃度や比率などを数値で表し、どんな性能をどの様に評価して表示するかを国が定めています。しかし、この制度は義務ではないので全ての住宅で表示されているわけでは有りません。

評価の結果は、設計段階の「設計住宅性能評価書」と建物が完成した段階での「建設住宅性能評価書」として交付されます。
設計住宅性能評価書はモデルルームなどでも見せてもらえます。
建設住宅性能評価書は住宅購入後の引渡し時に交付されます。

住宅性能表示基準の概要は
・構造の安定に関すること(耐震等級)
・火災時の安全に関すること(感知警報装置設置、耐火等級)
・劣化の軽減に関すること
・維持管理・変更への配慮に関すること(マンションなど)
・温熱環境に関すること
・空気環境に関すること(ホルムアルデヒドなど)
・光・視環境に関すること
・音環境に関すること
・高齢者等への配慮に関すること
・防犯に関すること

これらの性能表示がされています。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。