分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


建築条件付の土地とは


建築条件付の土地とは、土地の売主から
指定された業者で建物を建てる事を条件に
土地を購入するということです。

建築条件付土地のメリットの1つは、フリープランで家を建てられることですが、実際には様々な制約を受けて思うようなものが出来ないことが有ります。

法的な制約は仕方ないものといえます。
違反住宅を建てるわけにはいきません。
どんな制約があるのか、事前に確認してから購入の判断をしましょう。

一戸建て住宅は、その多くが建売住宅です。
建売住宅とは、土地に住宅を建てて、宅地と家をセットで売るものです。

しかし通常は、多くの消費者は「注文住宅」の家に住みたいと考えています。注文住宅の方が自由に設備や間取りと仕様を決めることができ、理想のマイホームを入手することができると思っているからです。

注文住宅は土地購入とは別に、自由設計で家の建築を計画するので、どうしても予算がオーバーしがちで、資金に余裕がないと無理が生じます。

建築条件付きの土地は、「当社で家を建ててくれるなら、この土地を売ります」ということです。

通常、建築条件付きの土地で、建物はフリープランですとの説明を受けることが多くなっています。

これは、間取りは自由にできますよ、ということですが、業者の都合で制約を受けることもあります。

結果的に、通常の建売住宅とあまり変わらないことがあります。間取りは、二通りから選んでくださいとか、設備仕様は変更できませんとか。

最近では、建売住宅は完成前に販売することが一般化しています。この場合には申し込みや契約の時点で、現場の工事で、間取の変更や仕様の変更に応じる方法を取り入れています。

当然、事前に役所で建築確認を取っていますので、建築確認を出し直ししなければいけないような、建物の配置や形状が変わるような変更は、受け付けられないのが普通です。
(それを受け付けるような業者は逆に信用できません)

このような条件で満足できればいいのですが、好きな土地を 購入して、好きな住宅メーカーで建築するという理想とはかけ離れていますので、事前に理解しておくことが必要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。