分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


一戸建て住宅の欠点・デメリット


一戸建て住宅の、欠点やデメリットとは?

・一戸建ての修繕や修理は自己責任。
資金面やタイミングの判断なども個人の判断が必要とされる。
大きな改築などは、千万円単位の資金を個人で用意する必要があります。

・セキュリティー面では管理人が常駐したり、オートロックが完備されているマンションと違い、一戸建住宅はドアや窓の一枚向こうは直接外界なので安全安心面で不安であるという欠点がある。

・一戸建て住宅は通常低層で、日当たりが周囲の住宅や高層住宅にさえぎられる。密集住宅地では隣接する家が近すぎて日当たりが確保できない。日当たりの好条件を得ようとすると土地が高額になる。

・一戸建て物件の利便性を求めた場合、価格的に非常に高額になってしまう上に固定資産税も跳ね上がる。
駅に近いなどの条件がこれにあたる。

・日本では、土地の価格が高いので条件の良い一戸建物件だと、家と土地の価格比率が、1/2から1/3などは例として多い。家を買うというよりも土地を買ったら家が付いてきたといった状況であり、同じ価格で考えると機能的マンションに劣るケースがある。

・建売物件は間取りが決定しているので、入居前までの生活スタイルを変えなければいけない場合も出てくる。
生活スペースにムダが増え、光熱費や生活動線の効率が悪く、思った以上に生活面での出費や不便を感じる機会が増える。
全体が狭くて、洗濯干しは二階のベランダ以外にできないなどの、日常生活の変化がストレスのもとになるデメリット有る。

一戸建て住宅の利点・メリットとは?
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。