分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


一戸建て住宅の利点・メリット


一戸建て住宅・一軒家のメリットとは?

一戸建て住宅・一軒家を購入して
住むことを考えた場合の利点とメリットです。

一戸建住宅なら集合住宅と違い、生活音も常識の範囲であれば、近隣を気にせずに生活できペットやガーデニングなど、日常生活における趣味の幅が広がりやすい。

一戸建住宅とマンションなどの集合住宅を、同じ価格で購入した場合、土地の値段の割合の高い一戸建てのほうが安定した資産を老後に残せる利点がある。

一戸建て住宅はマンションなどの集合住宅と違い、強制的に管理費を徴収されることは無く、自分の計画で修繕費をまかなえばいい。

一戸建住宅はローンが終了すれば、固定資産税だけ払えば住み続けることができる。マンションの原価償却年数に比べて一般の一戸建て住宅は減価償却までの期間が短く、固定資産税は徐々に減額されることで老後の負担が軽くなる利点がある。

・建物の価値は確実に下がるが、土地付きの一戸建てであれば、土地の価値が資産として価値が保てる。

一戸建て住宅は生活での大きな変化があったときに、建て替えやリフォームが容易なのがメリット。

・第一種、二種低層住宅地域に定められた住宅地であれば、近くに高い建物が建つ心配も無く、住宅環境の大きな変化が無い事で、購入時の生活環境が保てる利点が大きい。

一戸建て住宅・一軒屋の欠点とデメリット
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。