分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


建売分譲住宅とは


一戸建ての建売分譲住宅とは
どのような住宅を言うのでしょうか。

一戸建ての建売り分譲住宅は
建売住宅」「分譲住宅」とも言う。

建物住宅部分と、土地をセットで販売している物件をこのように呼びます。売主である不動産会社や建売分譲業者が、土地の上に建物を新築して販売する住宅のことです。

建売住宅は、売主の業者が建物の面積や、設備、間取りや仕様を決めて、通常は建築基準法の建築確認を受けています。
すでに住宅は完成しているので、建物の変更はできません。

注文住宅のように購入者が自分の好きなプランで建築できない反面、決まったプラン・仕様のため購入価格が明確なのが特徴です。

これとは別に、事前に土地だけを分譲して、住宅部分の施行業者などの指定条件をつけて販売する物件は、「売り建て」「建築条件付」という呼び方をします。

建築条件付宅地とは、その土地の売買契約に売主の指定する建築会社と請負契約を結ぶ条件付での契約です。

建築条件付宅地の場合、気に入った土地を購入しても自分が希望するハウスメーカーや工務店で建築することはできません。

ただ、土地の購入時点で建物の内容は決定していませんので、間取りや設備仕様は、希望通りの建築が可能です。

建築会社にこだわらない方や、自分の希望を取り入れたいと考えている場合は、建売住宅よりも魅力の有る物件です。

売建住宅の場合は、土地の形状に合ったプランが事前に用意されていることなどから、工期が短いというメリットがあります。

注意しなければいけないのは、建築条件付宅地の場合、売主は建物の建築で利益をとる場合が多く、土地については割安価格で契約を結び、後で住宅建築の段階で高い買い物になってしまう場合も有ります。

極端に安い価格で、建築条件付の土地を購入する場合は、住宅部分のプランや設備仕様、価格を事前に確認しておくのが得策です。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。