分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


建売り住宅のフリープラン・間取り変更


建売り分譲住宅でのフリープランや
希望の間取り・プラン変更・設備について。

建売り物件の着工前の契約であれば、設備の変更やプラン・間取りの変更が可能であるのが一般です。

基本的には分譲住宅建売住宅では、基本的に建売り住宅メーカーが決めた家の間取りや設備が、完成物件として販売されます。

分譲の建売り住宅は、建築基準法のギリギリのところまで建物を大きくしていますので、住宅の外枠は変更しないで内部を替えるというのが一般的です。

一般に建売住住宅は、自由がきかないといわれますが、そのような不満を解消するために、購入者に対してプランや間取り・設備変更の自由度を売りにしている業者もあります。

設備の変更は、キッチンセットやユニットバスなどの変更など、他にも細かいところまでのプランや設備変更が考えられます。

間取プランの変更に関しては、建物全体の構造計算が変わることがあり、大きな追加変更金額が発生します。

設備の変更、窓を増やしたり仕切りや物入れなどを作ることも増額につながるのが普通です。

必要なものであれば、追加金額を投入することで変更は可能です。

また、完成後の変更についてはリフォームと同じ扱いで、購入前に変更するよりも費用が高くなるのは当たり前のことといえるでしょう。

分譲住宅・建売り住宅の購入は、希望の物件が完成する前に契約したか、完成後に契約したかで大きな違いがあります。

完成前の購入は、プランや設備の変更がしやすいという利点がある代わりに完成後の形が見えません。

完成後の建売り物件は現物を見る事ができるので、足りないものを加えたときに、更にどのくらいの費用が必要になるかがわかりやすいのが利点です。

完成後の建売り住宅は、値引きの対象になりやすいのも利点です。

ただ、建売り住宅は早い者勝ちの物件ですので、ほしいと判断した時点で購入するかしないかの判断が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。