分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


住宅の間取りプランのたてかた


建売住宅分譲住宅でも
建築条件付の土地を購入した場合には
家全体の間取りや設計プランを立てなければいけません。

住宅新築の間取り・プランの作成や提案は、住宅メーカーによって無料で行われる場合が多いですが、中には有料の業者があります。

住宅プランの打合わせは、営業担当者が行う場合と設計担当者が行うケースがあり、住宅メーカーや建築業者によって違います。
メーカーや住宅建築業者のそれぞれの工法の特徴が、プランの自由度に大きく影響します。

どういうことが可能でどういうことが不可能かを確認します。
また、工法による違いなどで、可能な間取りや不可能な設計プラン、工事に余計な手間が発生するプランニングなどがありますので、それを見極めることです。

プランの作成段階では、プランの完成度だけに目を奪われがちですが、工法、仕様のバランスも有りますので、住宅建築業者の得意なパターンにあわせて総合的に検討し、そのハウスメーカーとあなたの希望するプランの相性を確認することが重要です。

住宅購入者が建築メーカーに全く同じ希望を伝えても、「A社では柱無しで大きなリビングが作れるが、B社では部屋の空間のどこかに柱が必要」などの違いが生じます。

住宅建築会社とのプラン打ち合わせ期間は、単に間取りを決めるだけではなく、各住宅メーカーの特徴を把握、理解する期間と考えておきましょう。

こだわりたい要望や希望があれば、間取りや全体の設計以外でも、仕様や設備などの希望も伝えましょう。この場合メーカーによっては、標準以外の仕様は極端に割高となる場合があるので注意が必要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。