分譲住宅、建売り住宅メーカーの物件検索、資料請求


分譲建売住宅購入のメリット


分譲建売住宅のメリットはいろいろ有ります。

分譲建売り一戸建て住宅のメリットは以下の通りです。

・資金計画がたてやすい
 土地を購入して、住宅建築が別という場合は、どうしても住宅部分にかかる費用が当初の予算をオーバーしてしまいます。建売住宅に関しては、資金計画さえしっかりしていれば、このような予算オーバーの心配がありません。住宅購入資金の上限がハッキリしているので安心です。

分譲物件の実物確認ができる
 分譲建売住宅は、設備や内装のデザイン・色合いなどの仕様、仕上がり状態などを実際に完成物件を見て確かめられるので安心です。立地条件と建物の存在がすでにあることで、日当たりや車庫の使い勝手などが実感できます。

建売分譲住宅は手間が省ける
 分譲住宅は完成品を購入するので、煩わしいプロセスや手続きを簡略化できるので、手間が省けます。注文住宅で一番手間がかかる、業者選択、間取り、設備の打ち合わせが必要なくなります。注文住宅の場合、通常は早いケースで1ヶ月〜3ヶ月位、大型住宅になるとこれらの打ち合わせだけで6ヶ月から1年ぐらいかかる場合もあります。

建売住宅は入居日が決めやすい
 完成している分譲建売住宅なら、購入を決めてすぐに入居できます。転勤や子供の学校等の都合で入居を急いでいる場合にも対応できます。注文住宅にありがちな工期の遅延やトラブルで、引越しが延びて、家賃の負担が予定より増えたりなどの余計な費用がかかることがありません。

建売りの一戸建て分譲住宅には、これらのメリットがあります。

建売り一戸建て分譲住宅の欠点・デメリットは?
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。